介護宅配便トップページ >  よくわかる 10のポイント >  よくわかる 車いす 10のポイント!   > 7.車いすの種類

よくわかる 車いす 10のポイント!

7車いすの種類

介護保険の貸与(レンタル)が適用される車いすとは?

画像をクリックすると、PDFファイル(229KB)で拡大図を見ることができます。

Get Adobe Reader PDFリーダーのダウンロードはこちら

レディーメードとオーダーメードそれぞれの良さを兼ね備えたモジュール型車いすとは?

移動しやすい車いす

レディーメード(大量生産型)の車いすは安価ですが、身体のサイズに合わせて調整ができません。そのため短い距離の移動など、短時間の使用に限定されてしまいます。一方、オーダーメード(受注生産型)の車いすは利用者に合わせて作るため、身体にフィットしますが、製作時間がかかり高価になってしまいます。そこで登場するのがモジュール型の車いす。身体に合わせて各部のサイズ調整や部品交換が可能です。

電動車いすには大きく分けて2種類のタイプがあります。

移動しやすい車いす

ひとつは電動四輪車に代表されるハンドルで操作するタイプで、屋外走行に使用します。社会参加のできる自立している方(介護度の軽い方)で、通院や買物など長い時間の歩行に支障がある方におすすめします。
もうひとつは電動ユニット装着型の車いすで、上肢の力が弱く、手こぎで車いすの操作が困難な方(比較的介護度の高い方)用です。ジョイスティック(操作レバー)を使って少ない力で操作できます。
電動四輪車および電動車いすは、道路交通法上<歩行者>として扱われますので、免許証は不要です。最高速度も時速6km以下に設定されており、歩行者と同様に歩道を走行します。

※フランスベッドがレンタルしている電動車いすには、万全の備えとして傷害・車両・対人・対物の安心保険が付いています。

オススメ電動車いす・セニアカー一覧はこちら

  • 移動しやすい車いす

    電動四輪車

  • 移動しやすい車いす

    電動車いす