介護宅配便トップページ >  よくわかる 10のポイント >  よくわかる 車いす 10のポイント!   > 5.すべり座り、斜め座り、床ずれへの対応

よくわかる 車いす 10のポイント!

5すべり座り、斜め座り、床ずれへの対応

安定しない座り方は、身体の変形や床ずれの原因になります。

すべり座り、斜め座り、床ずれへの対応

すべり(仙骨)座り

すべり座り、斜め座り、床ずれへの対応

お尻が前にすべって、ずり落ちるような座り方。このような姿勢で長く座っていると、骨盤の後傾や円背などの変形を生じる可能性があります。

予防方法

座面の高さ、座面の奥行き、フットレストの高さなど身体に合ったものを使用して骨盤の前すべりを防ぎましょう。

オススメ車いすクッション一覧はこちら

斜め座り

すべり座り、斜め座り、床ずれへの対応

身体が傾いてしまい、ねじれた状態の座り方。座幅が広すぎたり、たわんだ座面だとなりやすく、頭部の傾きで生じることもあります。

予防方法

座面の幅、アームレストの高さなど身体に合ったものを使用しましょう。クッションなどを使ってねじれや傾きを防ぎましょう。

オススメ車いすクッション一覧はこちら

床ずれ

すべり座り、斜め座り、床ずれへの対応

身体を動かせない状態で長時間座ったままでいると、床ずれの原因になります。

予防方法

床ずれ予防のクッションを使うなどの対策が必要です。またティルト機能やリクライニング機能の車いすを使用すると、姿勢を変えて圧迫の集中を防ぐことができます。

オススメ車いすクッション一覧はこちら