介護宅配便トップページ >  よくわかる 10のポイント >  よくわかる 車いす 10のポイント!   > 2.利用する目的の確認

よくわかる 車いす 10のポイント!

2利用する目的の確認

目的や用途で、利用する車いすは違います。

利用する目的の確認

利用目的

利用する目的の確認

寝たきりを予防するためにも、ベッドから離れた生活をすることは大切です。トイレや浴室、食卓やリビングへ行くことから、庭や散歩に出るなど、生活空間を広げることで身体機能の向上はもちろん精神的な自立度のアップにもつながります。

移動だけの短時間使用の場合

軽量でコンパクトな車いす

ベッドから居間の椅子までとか、玄関からベッドまでの移動など、短い時間だけ使用する場合は軽量でコンパクトな車いすを利用することがあります。ただし少しでも座ったままの状態がつづく場合は、本人への負担が大きいので注意しましょう。

車いすで過ごす時間が長い場合

サイズや利用目的に合った車いす

ベッドから離れてテレビを観たり、屋外の散歩などで利用する場合は、身体の状態やサイズ、介助する方の介助力なども考慮して快適な車いすを選びましょう。車いすの居ごこちが悪いとベッドに戻りたくなってしまい、せっかくの離床時間が短くなってしまいます。