介護宅配便トップページ >  よくわかる 10のポイント >  よくわかる 床ずれ予防用具 10のポイント!   > 3.床ずれの予防(圧力対策)

よくわかる 床ずれ予防用具 10のポイント!

3床ずれの予防(圧力対策)

長時間の圧迫を避けるための、体圧分散と体位変換。

床ずれの予防(圧力対策)

体圧の分散

体圧の集中は、より広い面積で身体を受け止めることによって分散させることができます。低反発のウレタンフォームで支えるマットレスや、空気圧で支えるエアマットなどの床ずれ予防用具の使用は、体圧分散性に優れ大きな効果を発揮します。

  • 床ずれの予防(圧力対策)

    低反発ウレタンフォーム
    マットレス

  • 床ずれの予防(圧力対策)

    エアマット

体位の変換

身体の位置を変えることで、圧迫されている部分の除圧をする体位変換は、最も効果的な予防方法です。原則的には2時間ごとの体位変換が必要とされていますが、介護環境の上で困難な場合は、体位変換をサポートする自動寝返り機能付きエアマットの活用をおすすめします。

寝返り専用のエアマット

床ずれの予防(圧力対策

介護環境に合わせて「寝返り角度」や「寝返り時間」の動作設定が行えます。

側臥位の30度ルール

真横になる90度側臥位は体圧が局所に集中するので厳禁です。30度以下にして広い面積で身体を支えるようにしましょう。

床ずれの予防(圧力対策)
床ずれ関連の商品についてはこちらをご覧ください
床ずれ防止マットレス