介護宅配便トップページ >  よくわかる 10のポイント >  よくわかる トイレ用具 10のポイント!   > 1.排泄障害とは

よくわかる トイレ用具 10のポイント!

1排泄障害とは

適切な対応のためには福祉用具だけではなく、治療機関との連携が大切です。

排泄障害とは

排尿障害と排便障害

排尿障害 尿失禁 尿が漏れてしまいそれが問題になる。
頻尿 排尿回数が多い。
排尿困難 尿が出にくい。

[尿失禁]はさらに以下のように分類されます。

  • [腹圧性尿失禁]力を入れると思わず漏れてしまう。
  • [切迫性尿失禁]尿意を感じたとたんに漏れてしまう。
  • [溢流性尿失禁]出し切れずに後で漏れてしまう。手足や身体がスムースに動かない。
  • [機能性尿失禁]ADL障害や認知症のために排泄動作がうまくできず漏れてしまう。
排便障害 便失禁  ADL障害や認知症のために排泄動作がうまくできず漏れてしまう。直腸や肛門の疾患が原因で漏れてしまう。
下痢 水分の多い液便が出る。
便秘 便が出にくい。

用具による改善の検討を始める前に

一言で排泄障害といっても原因は様々で、状態もそれぞれに異なります。内容によっては治療を中心に改善を図るケースもあります。また、高齢者の場合はいくつもの原因が合併しているケースも多く、医師などの考えを聞き、治療による改善の見通しを確認しておく必要があります。

トイレ用具関連の商品についてはこちらをご覧ください
おむつ・パッド
トイレ関連用品
ポータブルトイレ
トイレ手すり
便座昇降機