介護宅配便トップページ >  よくわかる 10のポイント >  よくわかる 入浴用具 10のポイント!   > 10.浴槽につかる

よくわかる 入浴用具 10のポイント!

10浴槽につかる

浴槽内では身体が浮きやすいので、不安定にならないよう注意しましょう。

浴槽につかる

身体が滑らないために

浴槽内で滑ってバランスをくずすと、おぼれるなどの思わぬ事故につながる危険があります。手すりにつかまる、浴槽内いすに座るなどの方法で身体を安定させましょう。また滑り止めマットを浴槽内に敷く方法もあります。

  • 滑り止めマット

    滑り止めマット

  • 浴槽内いす

    浴槽内いす

浴槽内手すり

入浴時につかまって、身体を安定させます。また、浴槽から立ち上がるときにも役立ちます。
取り付けたままでも浴槽のふたができるタイプ。浴槽内、上向き、洗い場側と3方向に向きを変えられるタイプもあります。

  • 浴槽内手すり3方向タイプ

    3方向タイプ

  • 浴槽内手すり浴槽のふたができるタイプ

    浴槽のふたができるタイプ

入浴関連の商品についてはこちらをご覧ください
シャワーいす
バスボード
浴槽用手すり
バスマット