介護宅配便トップページ >  よくわかる 10のポイント >  よくわかる 入浴用具 10のポイント!   > 7.浴槽の出入り(立位)

よくわかる 入浴用具 10のポイント!

7浴槽の出入り(立位)

浴槽用手すりで身体を支えて安定させ、浴槽をまたぎます。

手すりの設置

立位で安全に入浴動作をおこなうためには、まず手すりの設置を検討しましょう。

浴槽の出入り(立位)

浴室用手すり

  • タテ型手すり

    タテ型手すり

  • L型手すりヨコ型手すり

    L型手すり
    ヨコ型手すり

浴槽用手すり (簡易設置型)

手すりの設置

ユニットバスなどで壁に手すりが設置できない場合は、浴槽の縁に取り付ける浴槽用手すりを利用します。内側にグリップが付いているタイプは浴槽内でもつかんで身体を安定させることができます。手すりを取り付けたまま浴槽のふたができるタイプもあります。

  • 浴槽用手すり内側にグリップが付いたタイプ

    内側にグリップが付いたタイプ

  • 浴槽用手すり付けたまま浴槽のふたができるタイプ

    付けたまま浴槽のふたができるタイプ

浴槽内の深さを調節

浴槽が深過ぎて、出入りがスムーズにできない場合は、浴槽内いすを置いて深さを調節します。
また浴槽内いすにそのまま座ると、立ち座りが楽になります。

手すりの設置
入浴関連の商品についてはこちらをご覧ください
シャワーいす
バスボード
浴槽用手すり
バスマット