介護宅配便トップページ >  よくわかる 10のポイント >  よくわかる 入浴用具 10のポイント!   > 6.身体を洗う

よくわかる 入浴用具 10のポイント!

6身体を洗う

立ち座りが楽な座面の高い椅子を使います。

身体を洗う

座って洗う

滑りやすい浴室では、立位はさけて座位で身体を洗うようにしましょう。座りやすく安定した入浴用いすを使って身体を安定させます。姿勢保持能力によっては、背もたれや肘掛け付などの、より安定感の高いものを使用します。また洗い場全体に滑り止めバスマットを敷いて、転倒予防をするケースもあります。

  • バスマット

    バスマット

  • シャワーチェア

    シャワーチェア

  • シャワーチェア

    シャワーチェア

ボディウォッシュ

手の届かない部分も無理な姿勢をしないで洗える柄付き浴用ブラシ。
弱い力でもしっかり押し当てて洗うことができます。
また介助者が装着して身体のすみずみまで洗いやすい浴用手袋など、便利な用具があります。

  • 身体洗い用

    身体洗い用

  • 背中洗い用

    背中洗い用

入浴関連の商品についてはこちらをご覧ください
シャワーいす
バスボード
浴槽用手すり
バスマット