介護宅配便トップページ >  よくわかる 10のポイント >  よくわかる 入浴用具 10のポイント!   > 2.なぜ入浴はたいへんなのか

よくわかる 入浴用具 10のポイント!

2なぜ入浴はたいへんなのか

深い浴槽と水はけのための段差が大きな障害になっています。

深い浴槽と段差

肩までしっかりお湯につかるために浴槽は深く作られています。そのため、浴槽をまたいで入るという動作がたいへんになってしまいます。また浴室の水が脱衣所に流れ出さないように、段差が設けられています。この段差が移動をしにくくしています。このような環境のなかで、安心して入浴をおこなうために、浴室の出入り口や浴槽まわりに手すりを設置しましょう。

なぜ入浴はたいへんなのか

住宅改修サービスも併せて計画しましょう。

福祉用具の利用以外にも住宅改修サービスを利用した入浴補助の手すりの設置を検討しましょう。脱衣所と浴室間の段差を越えるための手すりや浴槽まわりの手すりなど、安全な入浴には欠かせないアイテムです。

  • タテ型手すり

    タテ型手すり

  • L型手すりヨコ型手すり

    L型手すり
    ヨコ型手すり

入浴関連の商品についてはこちらをご覧ください
シャワーいす
バスボード
浴槽用手すり
バスマット